アンティーク家具には、新しいものにはない風情や趣があります。そんなアンティーク家具に関心を持つ方も多いのではないでしょうか。身旅禍触れるアンティーク家具ですが、お手入れなどが気になる方も多いのではないでしょうか?アンティーク家具を使うためのコツを紹介します。

アンティーク家具のメンテナンス

「アンティーク家具」というと、現代の家具よりもお手入れに手間がかかるのではないかと気になります。使用するのに気を遣うのでは、なかなか手が出せないと迷う方も少なくありません。しかし、日常のちょっとしたコツを掴めば長く使うことが可能です。

日常のお手入れは乾拭きで!

アンティーク家具に憧れるものの、お手入れが難しそうだと断念している人も多いでしょう。特に、ペットや子供のいる家庭では、家具も汚れやすくなるのでアンティーク家具は敬遠してしまいがちですよね。しかしア…

ワックスを使ってみよう!

アンティーク家具は年月が経過したことで生じる独特の質感が人気の要因です。特に室内の雰囲気に高級感を持たせるためにはアンティーク家具は最も適していることから、客間や応接室など人に見せることを目的とし…

傷をつけてしまったら

生活をするのに必要なのが家具です。収納に使ったり食事などをするときに使ったりするでしょう。最近は金属製などもありますが、古くからあるのは木製の物でしょう。新しいものなら長く使えますが、古い物でも意…

アンティーク家具の選び方

アンティーク家具は同じ素材、同じデザインであっても、長い間に変化してきた色味や傷がそれぞれの持ち味となり、それぞれが一点物といえます。そんなアンティーク家具を購入する時に、おさえておきたいポイントをお伝えします。

キズや汚れがあることを理解する

素材にこだわってみる

部屋の雰囲気に合わせる

インテリアと相性の良いものを選ぼう

家具はインテリア作りに欠かせないものですが、新品で購入する以外にもレトロな雰囲気のあるアンティーク家具を選ぶ人も多くなっています。こうした家具はお店で直接見て選ぶこともできますし、最近はネット通販でも購入できるお店が増えています。家具は長く愛用していくこととなりますので、失敗のないよう慎重に選んでいきましょう。おしゃれな家具、趣味に合う家具が見つかることもありますが、まず部屋の雰囲気や現在のインテリアと相性の良いものを選ぶこと大事です。いくら気に入った商品であっても部屋のイメージと合わないとそこだけ浮いて見えてしまいますし、インテリアのバランスも崩れてしまいます。色合いや素材なども良く確認して、違和感なくなじむものを選んでいきましょう。

状態の良いものを選ぶ

アンティーク家具で良いものが見つかれば個性あるインテリアが作れますが、やはり中古となりますので、新品と同じように快適に使えるとは限りません。デザインの良さや素材の良さで選ぶことは大事ですが、家具としてしっかりと機能してくれるものであるかもよく確かめておきましょう。お店に訪れた際は修復もきちんとされているか確かめて良いものを選んでいきたいところです。購入後の不具合に備えてアフターケアも良いお店を選んでおくとより安心です。そして、家具を購入する際はサイズが合っていることも大事ですので、サイズもよく確かめておくことが大切です。海外製の家具は日本製よりも大きめに作られているものも多いので、部屋のサイズや設置場所に合うものを選んでいきましょう。

長い時を経て愛されてきたアンティーク家具

1934年には、アンティーク家具は製造してから100年を経た家具という定義がありました。しかし現在では、100年経っていなくても大量に生産されておらず、かつデザイン性が高いものも含まれています。