日常のお手入れは乾拭きで!

基本的に普通の家具と同じお手入れ方法

アンティーク家具に憧れるものの、お手入れが難しそうだと断念している人も多いでしょう。特に、ペットや子供のいる家庭では、家具も汚れやすくなるのでアンティーク家具は敬遠してしまいがちですよね。しかしアンティーク家具も、基本的には普通の家具と同じお手入れで大丈夫です。乾いた布で家具の表面を拭くのが、日常的なお手入れ方法となります。飲み物などをこぼしてしまったときは、固く絞った布で拭き、その後乾いた布で拭いて水分をしっかり拭き取るようにしましょう。アンティーク家具だからといって、特別に難しいお手入れをする必要はありません。水や熱に触れると劣化しやすくなるため、水分や熱で素材を傷めないように気を付けましょう。

2ヶ月に1回はワックスがけを行う

アンティーク家具を長持ちさせるためには、2ヶ月に1回ほどのペースでワックスがけを行うことをおすすめします。細かい傷をカバーしたり、乾燥を防いだり、シミができるのを防げるため、アンティーク家具を良好な状態で保てるのです。ワックスは、家具の風合いを損なわない天然蜜蝋がベストで、ネットやアンティーク家具を扱うお店で購入できます。乾いた布で汚れを取り除いた後、パフでワックスを伸ばし5分から15分乾燥させます。ワックスが乾燥したら、木目にそって乾いた布で乾拭きをしましょう。美しい光沢が蘇ります。アンティーク家具は、手を掛けるほどに愛着も増していくものです。次の世代へと受け継がれるよう、丁寧にお手入れしたいですね。