傷をつけてしまったら

同じ色合いの塗料を利用して傷を隠す

生活をするのに必要なのが家具です。収納に使ったり食事などをするときに使ったりするでしょう。最近は金属製などもありますが、古くからあるのは木製の物でしょう。新しいものなら長く使えますが、古い物でも意外に丈夫なものがあります。古い物の中には芸術的な価値が認められるものもあり、アンティーク家具として高値で取引されるものもあります。自宅の雰囲気に合わそうとアンティーク家具を買ったものの、ちょっとしたはずみで傷をつけてしまうときがあります。その部分だけ色が変わって、せっかくのいい雰囲気が台無しになってしまうでしょう。この時は同じ色合いの塗料で傷の部分を塗るようにしましょう。傷を隠すための専用の塗料なども販売されています。

大きな傷はパテなどで補修をする

家具の中でも人気があるのがアンティーク調の物です。新品なのに深みのある色合いのものが売られたりしています。安く買おうとするなら雰囲気だけ似せた物でも良いでしょうが、より重厚感のあるものとなると本物のアンティーク家具の方が良いでしょう。多くは木製ですが、それなりにしっかりしたものが多いです。ただ強い力でぶつけたりすると大きな傷がつくときもあります。角の部分がかけたりすると悲しい気持ちになるでしょう。このときは傷を隠すための補修方法を試してみましょう。DIYグッズとしてパテがあり、傷の部分をパテで埋めます。パテが固化したらその上から同化するように色を塗ります。茶色や黒の塗料などをうまく使うと、傷を完全に隠せます。